観光、旅行、和食・洋食レストラン、特産品、産地直送、カフェに (パソコンHPへ)(携帯HPへ)



外苑前-神宮球場、国立競技場全体図





神宮外苑は明治神宮の庭園の一部として、国民のスポーツ施設建設の要望に応じて大正十五年(1926)十月二十二日に創建され、明治神宮の内苑に対して外苑と呼ばれた。当初は陸上競技場、野球場、プール、相撲場などが造られたが、アジア大会開会と東京オリンピックの開催に備えて現在の様な国立競技場、東京体育館などに造りかえられた。

しかしながら、国立競技場は2020年の東京オリンピックに備えて壊され、新国立競技場が建設されることになった。同時にスタジアム通りに面した各種競技場も時間の経過と共に古くなり、周囲のビルと併せて建替えが検討されている。

参考:信濃町-国立競技場(青山門、代々木門)千駄ヶ谷-国立競技場(千駄ヶ谷門、代々木門)外苑前(代々木門、青山門)

@スタジアム通入口
Aラグビー場入口
Bスタジアム通(テピア)
C明治神宮球場
D明治神宮第二球場
E日本青年館
F国立競技場代々木門・青山門方向
G明治公園フリーマーケット会場
H国立競技場代々木門
I国立競技場青山門


外苑前駅地下出口一覧

同じ地域:外苑前-青山1丁目外苑前-ラグビー場、神宮球場、国立競技場外苑前-西麻布外苑前−千駄ヶ谷

外苑前目次へ戻る