観光、旅行、レストラン、グルメ、カフェ、ダイニングに (パソコンHPへ)(携帯HPへ)







AI(Artificial Intelligence)と医療

コンピュータ自身が人間と同様に自然言語の情報を収集し、学習し、分析し(コグニティブ コンピューター)、答えをその根拠と共にアウトプットするAI時代の到来と共に知的職業である医師、弁護士、経営者、投資顧問などはその役割が大きく変化する可能性がある。

中でも医師の場合はその結果が生死を分ける為に、真っ先にAIをどう適用するかの対象になる。

最近の例ではIBMのワトソンがガンの研究論文2000万件に薬品情報 1500万件をデータベースとして、これに患者の遺伝子情報を加えて患者の病を分析した結果、それまでの医師の判断である「急性骨髄性白血病」に対し、「二次性白血病」の判断を下し、これに従って薬品を投与した所、病の状況が改善したことが報じられている。

ワトソンの様なコグニティブ コンピュータが各家庭に導入される時代には、これまで過去の経験や研究論文の検討結果に基づいて病気を推察して、薬品を提供して病気を治す現在の医師の在り方は大きく変化する可能性がある。

病気の原因を調べる為に遺伝子分析が普通になる頃には、健康な体の遺伝子の発現(遺伝子情報に基づいてタンパク質が合成されること)データを残して、病気に罹った際にどの遺伝子の発現データが変化したかを分析して、1309種類の化合物より適切な薬品を見つけ出し治療することが可能になる。

これらを考えると医師の今後の役割は病気になった患者を治す時代から、病気にならず健康的に長寿を全うする為にはどうするかという予防医療になると思われる。

I.AIは従来のコンピュータ処理とどう違うのか
II.AI時代における教育内容の変化AIと医療

ライフサイエンス目次へ